Pongeponge

『テイルズ オブ エターニア』クリア

テイルズオブ エターニア
 積みゲー1つ消化(まだまだある)

評価

 そこそこ面白かったが、アクション的な物が苦手なので戦闘は少し困った。
リッドとファラの技には使用回数問題があるのに、他のキャラは無いのも気になった。
使用回数を稼ぐためにどうしてもリッドとファラを戦闘に入れざるをえなく、
そのために戦闘出撃キャラの選択肢が狭まってしまうのが問題。
正直、他のキャラにも使用回数問題があれば、まんべんなく使ってたと思う。
 あとミニゲームやコンプリート要素がやたら多く感じた。
あまりそういうの気にしないので図鑑埋めやミニゲームは放置気味だったけど。
 ストーリーは基本的に説明が丁寧。
ただ、終盤付近になると突然手を組んだり、用語が突然変わったりするのが気になった。
 やるゲーム無かったらやってみたら?っていう程度にはお勧めできるゲーム。


各キャラ感想

リッド
 セイファートリング破壊の実行犯。大罪人。
個人的には初期の「草のように生きたい」感じがよかった。
終盤、急激に理解力が上がって寛容度が上昇したり、ヒーロー性に目覚めたりする所がもにゃる。


ファラ
 いろんな事の発端にして元凶。
セイファートリング破壊の共犯者。大罪人。
最初から最後まで色気とは無関係でしたね。


キール
 反逆者でキバヤシ
セイファートリング破壊の教唆犯。大罪人。
頭脳及び興奮担当。
メルディとセレスティアに残されたようなので、一生ソディ飯の刑。


メルディ
 セイファートリング破壊の共犯者。大罪人。
何歳?っていうのが最後まで気になった。
あと何でメルディだけ話し方がエセ中国人みたいなんだろう?
他の人は普通に翻訳できてるのに。


クイッキー
 非常食かと思ってたけど、ただの珍しい動物だったっぽい。
こいつもこいつで何故メルディと一緒にいるのか疑問。
誰かが実験で動物にされたのかな……とか思ったけどそういうわけでもないみたいだし。


チャット
 情緒不安定な機械マニアの船長。
戦闘時に使う場面があまりなかった。
船のオマケ感がぬぐえない。


フォッグ
 痴呆の初期症状っぽくて怖い人。
「アレ」を連発したり普通に言えるはずの言葉が出てこないとかマジやめて。
戦闘で使いどころがなぁ、ないんだよなぁ。


レイス
 極光術が使える怪しい壺売りのお兄さん。
セイファートキーに導かれるまま動く、主体性のない性格な気がする。
生きてればダブル極光術でかなりのパワーが出せたはずだったのに。


シゼル
 「力が欲しいか → はい」しちゃった人。
グランドフォールの主因かつ核破壊の実行犯。大罪人。
理想の革命に夢を見出してしまった可哀想な大人とも言える。


ネレイド
 物質世界を破壊してみんなが幸せになれる精神世界にしようとした善人。
過程での犠牲者(セイファート)が出るのは想定内むしろ望む所。
単独でやるんじゃなく、賛同者を集めて政治的に数の暴力で事に当たれば勝てたんじゃないだろうか。


ウンディーネ
 おっとり委員長風痴女。
セルシウスより服着てない。


シルフ
 うるさい羽虫だけど服着てるのは評価できる。


イフリート
 セルシウスによって精神的にボコられる。
筋肉は心の強さを保証しないのがよくわかる。
服着てない。


ノーム
 どせいさんムーミンの融合体みたいな印象。
別の人がデザインしたのかな?って思うくらい浮いてるデザインだと思う。
素っ裸。


セルシウス
 ドS格闘家。
多分デレはない。
ちゃんと服着てる。


ヴォルト
 「ありゃぁ人殺しの目ですよ」って言いたい。
目のデザインが怖いねん。


レム・シャドウ・マクスウェル
 ここらへんあんまり印象に残ってない。
レムなんかは時々出てきたけど、うーんって感じ……。



テイルズ オブ エターニア

テイルズ オブ エターニア

テイルズ・オブ・エターニア オフィシャルガイドブック

テイルズ・オブ・エターニア オフィシャルガイドブック

ナムコ テイルズ オブ エターニア オンライン

ナムコ テイルズ オブ エターニア オンライン